エンジニアの予定外のキャリアチェンジ

誰だって、仕事をする際には「自分がやりたい」と思っている仕事をしたいもの。しかし、会社に所属している場合には、自分の希望に沿わない移動などがあることもあります。

「まだ、ここで仕事の経験を積んでいきたい」と思っていた方が、違う部署へ異動させられることもあるでしょうし、転職で希望に沿わない部署へ配属させることもあるでしょう。こんな時、あなたはどうしますか。

では、予定外のキャリアチェンジについてご紹介しましょう。まず、今まで勤めている会社で突然の移動などを命じられたら、あなたはどう対応しますか。「どうしても、この部署で経験を積んでいきたい」と上司に伝えても、「上からの指示だから」と言われてしまうこともあるでしょう。そんな時、「じゃあ、この会社は辞めるしかない」と思われる方もいると思いますが、こういった移動もキャリアチェンジのチャンスと考えると気持ちも変わってくるでしょう。確かに、自分がやりたい仕事とは変わってくるかもしれませんが、キャリアチェンジをすることで、新たな経験や知識を積むことが出来ます。その経験を生かし、将来的には元の部署で生かせる可能性もあるでしょう。転職により、希望通りではない部署へ配属された際には、将来のことも考えながら判断していくことも大切です。自分にとって、プラスとならない転職になると判断したのであれば、断ることも一つの方法といえるでしょう。キャリアチェンジをするために転職をしたにも関わらず、プラスにならない転職になってしまっては意味がありませんからね。

会社に所属し、仕事をしていれば予定外のことも起こります。異動となった場合には、どういったキャリアチェンジが出来るのかを考え、冷静になって判断していくことも大切だと思います。